忍者ブログ
ボストンテリアの六と汐との生活の記録や新入りとの日々の生活をボヤキ記録していく日記。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お天気情報
我が家の主役
プロフィール
HN:
くわ
性別:
男性
職業:
ジリ貧会社員
趣味:
キャンプ、フェス、スノーボード、ゴルフ
自己紹介:
毎日ボケボケと暮らしてます。
最新CM
[07/29 くわ]
最新記事
(01/29)
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
バーコード
忍者アド
FX NEWS

-外国為替-
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎年買って使っている、ほぼ日手帳

日にち毎にそのページの下に色んな人の色んな言葉が紹介されている。
へーと思うものや至極下らない事、ちょっと笑える事などなど。。。

その5月2日のページには
「ハワイに行く日に、自分の家から飛行機に向かう道のりは「ハワイへの旅」に含まれる。
もっと広げると、「ハワイへの旅」の準備で水着を買いに行ったら、
それも「ハワイへの旅」のプレ・オプショナルツアーと考えられます。
ハワイに行く、と決めたことでこんなに「旅のたのしみ」が増えてしまうんですね。
つまり、目的を持って生きているというのは、すっごいことなんだ、と、思うわけです。」
というのか記載されていた。

nanairi03.jpg






















もちろん目的を持って生きる事の重要性について書いてあるのだろうけど、
ハワイの部分を自分がやった事、行った場所に置き換えて考えてみた、
自分は実はなんだかんだ言って行くまでの準備や計画が一番ワクワクしたりする。

PR
スポーツクラブのある馬車道は開港後に重要な役割を担った道路。

20090519_basyamichi05.jpg

































詳しい事はここを読んでみて。

- 一昨日より昨日、
昨日より今日、
日に日に桜の花が開き、
今日、目にする桜は
ほとんど満開に近い桜

んで土日の天気はまずまず、
月曜は花散らしの雨の予報。

桜は観られる事を知ってて
曜日や天気に合わせてたりしてね
んなわきゃ?ねぇな。

しかし桜は何処かしこにあるんだなと思う。

沢山植えていて何処観ても桜ってが良いのか、
ポツンと一つデカイのが植わっているのが良いか、
並木通り沿いに植わって桜のトンネルみたいになるのが良いのか
川沿いに植わっていて川面に映る桜が良いのか。

まぁ人各々に好みもあるし、
どれもキレイだなと思うけど…

オレならポツンと一つで存在感の
あるやつが良いな。

…なんとなくだけど。


さてあと半日頑張ろう!

kimurakengo.jpg






この掛け声を聞いて、何人の人がその人を思い出す
だろうか。。。わかる人とは夜を明かして飲みたいですね。

そう木村健悟である。

かつて新日本プロレスで藤波辰爾、長州力、前田日明の影で
アントニオ猪木、坂口征二、藤原喜明、星野勘太郎らと
世代闘争をしていたニューリーダーの一人である。
世代闘争の前にはUターンしてきた旧UWFと新日の闘争で
本隊の4番手にいながら、UWFとは積極的に絡まず
当時身内の藤波に戦いを挑んでいた、間の悪い選手である。

さらにその地味さゆえに花が開くこともなかった選手。
一番目立ったかなと言えば反選手会同盟→平成維新軍を
旗揚げした頃かもしれない、しかしその中で中心だったのは
ケツで一世風靡した「侍」越中や「虎ハンター」小林邦昭、
「Mr.バックドロップ」の後藤達俊であり
文鎮の様な存在ではありながら、決して前面には出て
いなかったという印象である。

平成維新軍の前後もずっとバイプレーヤーとして
活躍し、唯一の必殺技は「イナヅマっ!」の掛け声と
共に繰り出される「イナズマレッグラリアート」である。
膝(というよりスネ)にしたイナズマ模様のサポーターで
ロープに降られた相手の喉下(胸の場合の方が多い)めがけて
当てに行くというとても危険(?)なとは思いがたい
印象の技である。
それで何人かKOされた人も居たんだけどね。
藤波との一戦ではサポーターに凶器を入れて
KOしてたっけな(--;)

観ている方が目を覆う技であり、失笑すら出る時もあった。
しかし、地味だがいい味の選手だった。

TVに露出する時は奥さんが目黒区議の選挙で応援演説や
奥さんのため本業のプロレスを休んで一緒に選挙活動
している時ばかりだったような気がする。

そんな木村健悟も2003年4月18日(俺の誕生日だ!)に引退し
さらにスカウト部長を経て2006年3月27日に新日本プロも
退社し現在は株式会社円天興行という会社の社長をやっている。
円天っていわゆる世間を賑わしてる怪しい会社ね、大丈夫かな?健悟は。

そんな木村健悟(本名木村聖裔)さんと今日東急東横線
渋谷駅構内でバッタリ会ったと言うより
お互いボケッとしてたのか不意にぶつかってしまった。
見上げると背中の丸まった大男、顔を見ると見覚えのある顔、
不意に人とぶつかった余裕の無さから、普通にすみませんと
しか言えなかった。。。
向こうも声にならない声でぺこっと頭を下げてた。
噂どおりとても優しそうな人だった。
きっちりスーツ姿だったしね。

お?木村健悟よ、出来れば握手もしたかったし、
一緒に写真も取りたかったぜよ。
次に渋谷で見かけたら絶対声かけてやるぅ。
- キャンプの意義ってなんだろう。

オレはキャンプが好き、それだけで良いはず。
それだけで受け入れられるもの、キャンプの敷居はとても低いと思う。

でも人それぞれそれに対してのイメージや理想があり、
さらに自分自身で出来る事や欲もある。

確かにオレは色んな物を持っている、使おうと思えばとても便利なものを。
でも確かに要らないと言えば要らないものばかり、
でも要るものなのだ。

人が考えるキャンプってどんななんだろう。

色んなものは持ってるけど、必ずBBQやカレーを作る必要はないと思うし、色んな器具でちょっと手の込んだキャンプ料理が必須だとも
思わない、外でお湯を沸かして、カップラーメンとかすすってもキャンプなのだ。
どれもたのしければオッケーなのだ。

自分の持ち物を人に説明する時、家庭の快適さをどれだけ外に持ち出せるかと言う事がある。

よく考えたら、どーでもいー事なんだ、
ただ自分が欲しくて買ったんだから、必要されようと、周りに邪魔にされようとも
それで気持ちを振れる必要ないんだ。

何となく持ち出し、満足する、それが人から喜ばれたらそれはそれでオマケ的満たされるんだ。

手ぶらで外で遊ぶ、読書する、現実的ではないが、
テレビを持ち出しゲームする。
泊まらずともデイキャンプというキャンプ、何しても広義のキャンプである。

何が言いたいか良くわからなくなった。。。(^_^;)

この間、あるキャンプ場に行った、焚き火を囲んでバカ騒ぎはしないまでも
夜遅く、23時頃までかなぁ酒飲んでしゃべってた。

するとうちらから距離にして、80?100m位離れた、夫婦かカッポーか知らんが
規約を読んでますか?
静かにしてもらえますか!と注意された。

規約?読んでませんよ、常識の範囲内位はわきまえてるつもりだし、
まぁ賑やかだったかもね、でもバカ騒ぎや周りは当然あらしてない。

人気の少ない場所も選んだし、ハイシーズンは混雑してるだろうから
避けてるわけですよ。

マッタクおまえらが耳栓でもして寝ろってんだよ。
友達同士でわざわざ人気の少ない野外で焚き火を囲んで無言とかコソコソ話なんかするかぁ?
奴らはネクラで友達の少ないバカキャンプマニアだ、奴らは夜な夜なテントの中で伝言ゲームでもしとるんやろ。

あういう人等はフジロックや朝霧ジャムのテントサイトでは『うるちゃ?い』って発狂するんだろうな、平和な雰囲気ぶち壊しだよ。
自宅でテント張りやがれ!
特にこの日記に意味はない、眠かったんで理不尽さを無視して、毒を吐いただけ、
最近、毒を吐く機会がないな、そういえば、別にたまってもいないけど。




  
-
徒歩通勤はなんとか続いているんですが、
その途中にはこの時期珍しく桜が咲いている所があるんです。
しかももう散りはじめ。

去年見つけて驚いたんですが、調べてみると
この時期に咲く種類のものらしく
「河津桜」という品種だそうです。

何だか伊豆の方に、河津という所があり(記憶では確か。。。)、
その辺では満開のようです。

決して各地で騒がれている地球温暖化による
異常ではないみたい。

しかし高知ではひまわりが咲いたとか、コスモスがとか
色々世間を賑わせてるけど、
日本も四季の変化ががなくなっていくんかな、
梅雨も始まりも終わりも良くわからなくなってるみたいだし。。
困るんだよね、フジロックまでに梅雨が明けないと、雨合羽が手放せないしさ。
そろそろ梅の花もつぼみを膨らませる頃、この辺だと三渓園が有名です。

山には雪が少ないようで、それもまたスノーボーダーや
スキーヤーは辛いでしょう。
普段寒いのは腰を重くするけど、滑りに行く時は雪をみると身体が軽くなるのは不思議。

たまには機会作れると良いんだけど、なかなかね。

最近はゴルフに目が行くし。。。(^_^;)
-
今日は仕事後にタマタカのセールに行ってみた。

平日にもかかわらず、結構な人だった。
夜だったし、主婦で無い人等はきっと自分と同じ仕事後なのだろう。

しかし商品に群がる人!ひと!ヒト!!
手に取られては放り投げられて、あれだけ商品がメチャメチャになってたら何が良くて何が良くないのか良くわからなくなるね、きっとちょっとした買い物も冷静おはさを失いそう(^^;

まだ平日の夜だった事や場所がニコタマだったからこの程度だったんだろう、これが新宿や渋谷だったらすごい事になってるんだろうなぁと、でも得があるから人が集まるんだろうし、
自分もこんな状況でも冷静に値段だけでなく品と価格で得になるような買い物が出来るようになりたいなと思ったり思わなかったり。

まずは人の多さに慣れなければ。

。。。収穫?ありましたよ、ゆったりと探して一つだけだけどね、後はセールとは無縁のものをあえてネ。
- キレイで広くなったなぁ、
京急とJRの連絡口の辺りが遠い昔の記憶の中の風景に面影があるかな、若干。

今は新幹線乗り換え口なんてあるんだね、昔雨の日の田町から歩いて出社するのが
面倒臭くてタクシー待ちをした寂れた、品川駅港南口の小さなロータリーは健在なんだろうか、
今や新幹線乗り場なんて出来たから華やか生まれ変わったのかな。

良く朝からロータリーの立ち食いソバ屋で品川丼食べたっけ。懐かしいな。

たまには芝浦辺り散策に来てみるか。
Copyright © 六と汐と新入りのいる平凡な日々の記録。 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]