忍者ブログ
ボストンテリアの六と汐との生活の記録や新入りとの日々の生活をボヤキ記録していく日記。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お天気情報
我が家の主役
プロフィール
HN:
くわ
性別:
男性
職業:
ジリ貧会社員
趣味:
キャンプ、フェス、スノーボード、ゴルフ
自己紹介:
毎日ボケボケと暮らしてます。
最新CM
[07/29 くわ]
最新記事
(01/29)
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
バーコード
忍者アド
FX NEWS

-外国為替-
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

S*PのHQキャンプ場がオープンしたらしいという事で
早速お邪魔してきました。

まだ春だけど今年最後のキャンプかなぁ。。。


ストアと


オフィスの入り口が向い合せです。


ストアは外から見るとこんな感じ。

ちょうどこの日は中日だったからか、空いてました。

とは言えどの辺りが良い所なのかよくわからないまま
建てるはランドロック。


大分要領を得てきたようです。


キレイに経ちました。


今回はなるべく荷物を少なくと思ってランドロックに収まる感じ
でまとめました。


しかし夜が寒かった。。。でも武井バーナーで中は暖かかったッス。

翌日は前日よりも暖かくて、六と汐は走ってみたり、


走ってみたり、

走ってみたり、

走ってみたり、

休憩してみたり。



満喫出来たようです。
PR
引き続きキャンプ2日目の朝。



関東が梅雨明けしてもまだ梅雨明けしていなかった南東北。
天気よろし。

ここ七入は尾瀬沼への玄関口。
福島県側から尾瀬を歩く人達はシーズン中マイカー規制があるので
ここ七入か少し先に行った御池の駐車場からバスで沼山峠に上がる。

皆さん尾瀬沼を歩きたいのであまり注目されないのだが七入から
徒歩で沼山峠に行く登山道はある。




つーことでまだ皆さん寝静まってる早朝の散歩はこの登山道に決定。



まだ誰も炊事してない5時台のキャンプ場を後にして出発。
とはいえ岩魚釣りや尾瀬沼散策に出掛けた人たちはとっくに出てるんだろうけどね。



六もやる気に満ち溢れてます



こんな平坦な道からスタート。
雨上がりの木々のにおいが気持ちがよい。



汐もうれしいッス



尾瀬の雪解け水を運んでくれる沢の向うには滝もありました。



早朝からマイナスイオンを補給。



のんびり歩く先には木の橋。
六と汐ビビリ気味で足が進みません。



ちょっと促して歩く六と汐。



六は少し慣れてきたものの汐は端は歩きたくない模様。
でも六が前を行ったので何とかして前に出たいが腰が引ける。



ついには人の足の間に。。。歩きづれ~。



さすがに登山道、こんな登りもありました。
雨上がりだからか木の階段は滑る滑る。



結構登ったから、そろそろ引き返そうかね。

んで来た道を戻ると。



キャンプ場は出発時よりもすっかり日が昇り、



気持ちの良い朝~って感じ。

散歩の終えた六と汐。



ご飯の準備をしてる間



マッタリと休憩。



ワタシといえばコーヒーを淹れてマッタリ、
皆が起きてくるのを待ってると


六は熟睡。


汐は。。。腹減ったぁって感じかな。



六は電池が切れると所構わず寝るね。



人が座っていようとも、寝続けるし。



汐は飯がまだだからかなんとなく起きてる。




そんな待ちぼうけの朝。
恒例の尾瀬キャンプです。



今回は去年の経験を生かして超余裕あるプランで行きました。

まずは行き、直で行くとその日がとてつもなく疲れてしまうので
西那須野塩原では下りず、那須町の隣福島県の白河へ。
ここには親戚の家の隣に建ってる普段は無人の母方の田舎があります。
プレハブ小屋チックですが短期間を生活するには十二分の施設。

そこに夜のうちについて、布団で朝まで仮眠。
んでしっかり睡眠をとって白河から酷道から国道に生まれ変わった
甲子道路をトンネルで峠越えをして尾瀬桧枝岐村を目指そうと言う作戦。

結局田舎に着いたのは途中睡魔に襲われたりして明け方に
なってしまいましたが、やっぱ一時間の仮眠も布団の上だと
しっかり充電出来ますよ、風呂にも入れたし
お祖父さんやお祖母さんにも仏壇で会えたしね。

六と汐がうちに来てから、ここに来たのは初めて、
大好きな所にやっと来たって感じ。

隣のおばさん(祖母の義理の妹)一家にも年賀状でなく
生の六と汐を紹介出来ました。

んで先行してる友達に追いつかんと田舎を出発、朝八時半。



開通した、国道289号線(甲子道路)は快適でした。
天気も良いし視界も良い。

会津田島ではスーパーに立ち寄りちょっとした買い物。

スーパーの裏手は


良い感じ、ザ・田舎って感じ。

しかし暑い、ここでは六も汐も外には出せないなぁ。。。
キャンプ場も暑かったらどうしようと不安がよぎる。



皆から遅れる事どの位だったんだろう、10時半にキャンプ場到着。

遅れて設営開始。



テントやタープを張って



スクリーンタープ内にキッチン小屋を作って

暑いかな心配したけど、さすが尾瀬は涼しかったです。

六と汐も


ブランケットが心地よい位。



早速軽くつまみを炭で焼きながら一杯。

先行組はスッカリ良い気分でうとうとしたりして。。。

ここにももう一人うとうとしてる奴が。。。


そろそろ火を入れて番をしてるのかと思いきや寝てました。。。

夕飯の準備も始まります。


コンロも3口あるので六と汐のご飯も同時進行で準備できました。

手前の鍋はこれからタイカレーに変貌します、辛くて美味かった。

あとは亜米利加産ながら分厚いサーロインステーキも焼きました。
スキレットで焼くから尚美味い。



キッチンは暗くなっても活発でした。



夜も更けて焚き火を囲んで宴は続きました。
川の音がものすごくうるさいので、逆に周囲に声が漏れず
周囲の声も聞こえないというなかなか良い環境でした。

ってか立派なレクタタープがあるのに毎回宴の会場になるのは
ブルーシートの手作りタープの下、なんでだろうね。
心置きなく焚き火が出来るからなんだろうか。。。

明日はアクティビティの日、いつもとは違う疲れていない初日は
快適に過ごせました。
さて、最終日。
あっという間の2泊3日です。
20090922_sp5dw14.jpg
























余った薪をsnowpeakのスタッフの方にもらってもらいに行った時に
『延長しちゃいますか?』の一言に若干揺らいじゃいましたよ。

初日も設営と軽い食事に焚き火しかしてないけど、
二日目も何も予定してません。

朝からダラダラしてますよ。

ただ酒は飲んでません、後で風呂に入りに行くからね。
特別酒がなくてもワタシは全然問題ないらしい。。。普段も飲んでないからね。

しかしあらためて見直したけど、しっかり設営出来てるなぁ。。。
20090921_sp5dw76.jpg
























しわが無いもんね、やっぱペグダウンの方法にコツがあったんだなぁ。

まだ午前中、遊び終わっておやつをあげて、
天気もイマイチだけどちょいと休憩しますかね~。

と思っていたら、怪しい物体が。。。

20090921_sp5dw50.jpg
























いくら芝生が気持ち良いからってさぁ~。。。ん?
散歩も終わり、主達の朝食。

六と汐は散歩でお疲れモードです。20090921_sp5dw49.jpg


































これは汐。

前日は21時過ぎに寝てしまった我が家。

朝は5時半に起き、散歩に出掛ける事に。
。。。って六と汐がガッツリ起こしてくれたんですが(汗)

散歩の行き先はキャンプ場に隣接している、朝霧アリーナ。

20090921_sp5dw23.jpg
























さすが朝霧です、ものすごい霧でした。

朝霧の中、たたずむ牛!?いやいや汐ですよ。

20090920_sp5dw11.jpg
























スノーピーク社が主催するキャンプイベントに参加してきました。

毎年各地で行われるレギュラーイベント『Snow Peak Way』の番外編
『Snow Peak 5Days Way 朝霧』です。

毎年スノーピークウェイには参加したい、抽選に応募したいと思いながら
早何年になるんでしょうか。。。

楽しい時間はもうすぐ終わり。。。
本当だったら翌日も休みだった我が家、もーっとゆっくりしようと思っていたのに。

20090720_ozeCamp05.jpg
























最後は朝食の焼きそばとホットサンドにトマトときゅうりの朝ごはんを済ませて
実川で2日間冷やしたスイカの出番です!

さすがに皆、初日に疲れたか遅めの起床、そんなワタシも遅めの起床8時です。
明け方六と汐をトイレに連れ出してもらった時にはちょっと降ってき始めたという雨も
雲すら見る影もないほどに晴れましたぁ~。

20090719_ozeCamp35.jpg

































ホントにすがすがしい朝、このキャンプ場は本当に最高です。
川の音は周囲の声なんかもかき消してくれるほど、テントの中に居ると
雨音なのか川の音なのか聞き分けつかないので一度外を覗いて
着替える感じだったりして。

雨も上がり、時折雲の切れ間に青空が見え隠れする午後。
温泉に行こうぜぇ~とか言いながら、皆ほとんど寝てない中、
ダラダラとした空気でマッタリして過ごします。
20090718_ozeCamp48.jpg

































この時点でまだ今日一食も食べてない六と汐、この後やっと食餌にありつけました。

いやぁ遠かったぁ。
けどすごく良いキャンプ場だったなぁ。
何泊でも出来る感じ、雨も大して気にならなくなるほど楽しいイベントだったわ。

20090718-20_ozeCampMain.jpg

































キャンプ場の横を流れる、実川。
尾瀬や燧ケ岳の雪解け水を運んでいるので水量も多くて冷たくて
もの凄いマイナスイオンです。

雨も結構降ったけど振りっぱなしもなく晴れたり曇ったりもあり、
もの凄く星もキレイで空一面星だらけだったりして地面に寝そべって
見上げると天の川なんかも見えたりして、全てにおいて大満足。

やっぱ仲間達と行くキャンプもまたとてつもなく楽しいね。
行って来ましたよ、プレキャンプ。

20090711_camp04.jpg
























六と汐は楽しめたのかどうか。。。イマイチよくわからんな。
でも涼しくてよかったね。

おそろしや~、感謝祭とは日ごろのご愛顧感謝してお客さんに
大盤振る舞いするもんなんじゃ。。。

お店に行っただけで、何かノベルティ的なもの配るとか、
もの凄く大安売りをしてみるとか。。。

確かにお得なセット販売はしてたよ、でもねぇ~元々定価での購入を予定していた人に
とってはもの凄いお得感だと思うけど全然予定してなかったふらり客にとって飛びつくような
お得感は。。。ん~ないね。
でもそんな事言って感謝祭初日に店に足を運び予定していたものではなく
お店の戦略にまんまとはまって大物をゲットしてしまった。

SPストアの方、すっかり踊らされたこのアホな客に感謝してよね。ホント。

これで我が家のキャンプ生活は母屋の住み替えが無事行われる事になるでしょう。。。
landrock.jpg

































このランドロックというフィールドドーム型のやつは素晴らしい、
うちにあるドーム型テントとスクリーンタープを一体にしてしまった感じ。
もの凄いデカイリビングシェルに吊り下げ式インナーテントがついてるというイメージ。

これからのキャンプ生活には人間だけじゃなくて六と汐も居るからねぇ、
やはりベッドスペースにすぐ退避できて、広いリビングスペースにキッチンダイニングや
ドッグサークルを置く事が出来るこの作りは超魅力的なわけです。
焚き火台や大型ランタンはランドロックから出たスペースに置けばピシャっとまとまるような
気がしてます、来月の尾瀬キャンプの前に一度ランドロックのシェイクダウンと
和鉄DOのシーズニングを兼ねてデイキャンプにでも出掛けられたら良いね。

今までの装備に加え今回は焼武者、和鉄DO、LandLock。。。
あとこれからはちまちまとIGTの拡張テーブルにFDチェアあたりかな。。。

Colemanの旧家は。。。里子に出す予定。
同じくColemanのWeatherMasterスクリーンタープは。。。
単独使用に便利だから取っておくかな、でもうちにはしまう所がない。。。

Copyright © 六と汐と新入りのいる平凡な日々の記録。 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]