忍者ブログ
ボストンテリアの六と汐との生活の記録や新入りとの日々の生活をボヤキ記録していく日記。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お天気情報
我が家の主役
プロフィール
HN:
くわ
性別:
男性
職業:
ジリ貧会社員
趣味:
キャンプ、フェス、スノーボード、ゴルフ
自己紹介:
毎日ボケボケと暮らしてます。
最新CM
[07/29 くわ]
最新記事
(01/29)
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
バーコード
忍者アド
FX NEWS

-外国為替-
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犬のお守りって調べてみると結構全国各地の神社に
置いてあるらしい。

そんな我が家は去年は護摩札をもらいに行ったときに
たまたま見つけた日光山輪王寺のカプセルタイプの
迷子札付きでした。

カプセルタイプは小さいし首輪につけてもあまり邪魔に
ならないので良いもん見つけたなぁと思ってた。

でも今年輪王寺では犬のお守りを扱わなくなったようで
どうしようかと思ったので調べた。

色んな所に沢山あるんだけど、カプセルタイプの物がない。。。

でやっとこ見つけたのが深川にある富岡八幡宮の犬のお守り
思い立ったが吉日、お守りをゲットしに早速富岡八幡宮へ。


初めて来たけど結構大きな神社。

裏手には横綱力士碑と言う大きな石碑があったりして、
新横綱誕生の際に奉納土俵入りが行われる随分相撲と
深いつながりのある神社のようでした。


この日境内では骨董市が行われてて、賑やかでした。


ぐるっと一周したかったけど、目的のお守りを買って
早々に帰路につきました。


取り付けるためにボールチェーンがついてるんだけど、
それじゃやっぱ長いので一番小さなキーリングをホームセンターで
買って取り付けました。

このカプセルお守りの中の連絡先を書く紙の端っこにちゃんと
小さなお札がついててなんか良い感じでした。。
PR
去年に引き続き、日光に来ました。


六と汐は防寒着を着込んでいるので全く震える様子もありません。


目的の輪王寺は本道が工事中の模様。

オクサンが護摩祈願をしてもらっている間に
我々は去年はいけなかった参道を散歩する事に。


まずはいわずと知れた東照宮。
小学校の修学旅行以来です。


なんか懐かしいな。あんまり記憶無いけどね。


この先は有料のようなので、東照宮を後にして
参道をさらに奥へ。


こっちは始めてきたなぁ。。。


二荒山神社です。


なんか縁結びの神様として有名らしいです。
どんな縁も結ぶらしいのですが、やはり若い女性が
絵馬を描いていましたね。

とりあえず満喫したので先に駐車場に戻る事に

ここ輪王寺の護摩堂の裏手です。
ただいま護摩祈願中。六には何か聞こえたかな。


行く時は気にしなかったくせに戻ってくる時に
グレーチング(鉄網蓋でなく)がある事に気づくなんて。。。
どう渡ろうか考え中の六になんとなく注目する汐。


ヨッと渡って一安心。
汐もとりあえず見守っていたようです。

最後に護摩祈願中の輪王寺護摩堂を写したら

オーブが写りました。
何か意味があるのかなぁ。。。なんちゃって。
ずっと前から気にはなってたけど、
手に入れることは出来ないだろうと諦めていた
あの幻とまで言われた(今はそうでもないらしいけど)

辺銀食堂の石垣島ラー油を手に入れました。

父親が沖縄にゴルフに行くと言うのでもしたまたま
見かけることがあったらよろしくと出会う事は
無理だろうと思いながら頼んでいたらGETしたとの一報が!


早速ベタですが餃子で試す事に、でも美味いッス。
食べラーとは全然違いました。
香ばしいラー油という感じ。

鍋にも合いました、ご飯にも合いました。
次は料理の調味料ですかね。
父親に感謝。

六と汐のご飯もこの日から変えました。
今まではさかい企画の健康一番に生肉のミンチのトッピングでしたが、

愛犬厨房のボウルミックスです。
水とご飯(白飯)に少量のオメガ3を混ぜて作ります。
さかなごはんです、良い香り。

食いつきもバッチリでうん○の量が減りました。
臭いも変わりましたけど、健康一番の時と臭さは変わりません。
ドライフードよりは全然臭いません。

白米や玄米が使えるので我が家としては助かる
手作りフードとなりそうです。
天気の良い日曜日。

この日は湘南国際マラソン。
出場するトモダチの応援に行きました。


六も汐も一緒に応援です。
応援中はカートとブランケットでスッカリ寝るモードでしたが。。。

と言ってもコース近くに住んでる友達の家でまったり
休憩させてもらって時間を見計らって人もほとんど来ない
40km辺りの地点、西湘バイパス沿いの工事現場。


目の前は相模湾です。

トモダチを待っている間、ギャラリーとして参加されてる
方々に気を送ったりして(届かねぇ~)。


しかし仮装している人の多いこと。


尊敬します、これで完走するなんて。


オレ的に仮装大賞はこのバルタン星人でした。

楽しそうだなぁと思ってたら目の前でリタイヤする人や
救急車で搬送される人を見てあらためて出場される人は
すごいなぁと思いました。

そんで待つこと数十分5時間30分ペース位でしょうか、
黄門様に伴走してもらって走るトモダチ発見。

初マラソンで完走とはスゴイです。
リタイヤするだろうと勝手に想像しててごめんなさいね。

完走おめでとうございます、お疲れさま。
前々から気になっていたという、山中湖ドッグリゾートwoofに
泊りではなく、ドッグランの利用のみで行って来ました。

宿泊施設のアクティビティとしては飽き足らないほどですが、
日帰り利用としてはちょっと割高。。。そこが少し残念。

今回はドッグランだけの利用でしたが、料金の事を抜かせば
もの凄い満足度です。

とにかく広いし、ゾーンが分かれているのでランランする場所も
選べます。室内ランも充実してる。
別料金ですがプールも広い。

真冬だからか、ランの利用者も少なくてほぼ貸切状態で楽しみました。

まずは駐車場から一番近いエリア。


入った瞬間、六が大きい方をもよおしてしまいました。。。

ここではディスクを使って走り回ります。


ともかく広いし、貸しきり状態だったので


投げる方も走る方も全力です。


ディスクには目がない汐と

六。


唾液と土ぼこりで汚れまくり。


満足な表情。


これだけでも連れて来た甲斐があるというもんです。


そしていくつかのランを通り抜け一番奥にある
これまた広い雪の残る林間エリアへ。


六は興味津々ながら一瞬固まりつつ広がる景色を見渡します。


そして早速、探検にGO!


汐はといえば意外にも我々からあまり離れずだったので
六の所に行っておいでと声を掛けると六の方へ。

二人で森林散歩を楽しんでました。
でも汐はこちらも気になるので行ったり来たりの繰り返し。
六は我々のことなど気にせず我が道でした。。。(汗)

そんで今度は狭ま目のゾーンへ。
と言っても正直かなり広いです。

汐はランに来ると結構呼び戻し出来るんだよね。


六とプラ~っと行ってても気になるのかすぐ戻ってくるし。


でも六の行く所も気になるし。


なんか二匹だけで散歩するとこんな感じかなと想像出来たりもしました。


こんな表情で走ってくれるとホントこちらもうれしくなりますよ。


この日汐がはまったものは雪です。
積もっている所の雪を食べてみたり、わざわざ雪の上を歩いてみたり
極めつけは雪を投げてあげると飛びついてきます。
これってシャワーを掛けると興奮するのと同じ感じ。


こんな変顔もありということで。

満足した汐はランでも

この通り。

そんで足洗い場の温水シャワーでキレイにして備え付けのタオルで
しっかり拭いてwoofを後にしました、落し物した事も気づかずに。。。
でも今度はダメ犬合宿とかで泊まりで来てみたいねぇ。

この日はずっと富士山の天辺には雲がかかってましたが

夕方近くになり雲が取れてきました。
やっぱ富士山はきれいだな。

御殿場から篭坂峠を抜けて山中湖に入り、
帰りは富士五湖を巡り朝霧高原を抜けて富士から帰路につきました。


途中、西湖の野鳥の森公園で翌週から開催される
樹氷まつりの準備中の展示物を見たりして。

んで東名上りの足柄SAで食事を取ったあとワタシの携帯が
なくなっている事に気づきました。
電話を鳴らしても車中では何も聞こえず。。。
何処でなくしたかも見当がつかなかったので諦めかけつつ
念のためと思いwoofのフロントに連絡を入れると
親切な方が届けてくれたとの返事。

東名を大井松田で折り返し再度山中湖へ。
んで結局夜遅くの帰宅になってしまいました。。。
でも見つかって良かった。
ババーン!

松阪牛です。
いただきものですけど。

鋤焼にてありがたくいただきました。

とりあえず興奮が抑えられず
最初は肉だけ焼いて食いました。


うめー、スゲー美味かった。



















六はこうやってクネクネしながら器用に坂を下っていきます。
本人は楽しいのかもしれないけど。。。
芝が取れません服からも身体からも。。。
昔格闘三兄弟っていたの知ってる?
小林まことの漫画じゃなくてW★INGというインディー団体から
売り出された選手達ね。
徳田光輝、木村浩一郎、齋藤彰俊です。
しらねーか、まっW★INGあっさり崩壊しちゃったしね。
木村はその後RINGSに出てたし、彰俊は今もNOAHで頑張ってるし
そこそこ名は知れてる気がしたが、オレだけかな?

んなこたぁどーでもいいや、変なタイトルつけちゃったから
余計な事思い出しちまった。

正月明けの良い天気の週末にゆっくり散歩に出掛けました。

といっても近所の日本丸メモリアルパーク。

人もそれほど多くなくて気持ち良い。

六も汐もここを覚えてます、
なぜってディスクで遊んでくれる場所だから


落ち着かないのでとりあえず、ロングリード&ディスクで
軽く運動ね。


物足りなくてもリードを付け替え、ディスクをしまえば
満足気な表情と態度に変わります。

喉が渇いたようなので六と汐には水を

六は手から上げないと飲まないというお坊っちゃんぶりを発揮。

汐はワイルドに直接飲みます、がっついているので。。。


汐は落ち着いた模様、満足顔です。


六はどうなんどろう、若干物足りなさが表情に出てるかな?
そんな六をよそに


汐はオクサンとアイコンタクト中、
何か話してるように見えるのが不思議。


あらら、始まっちゃった、クネクネが。。。
枯れ芝の上で。。。

それを見てた男が立ち上がります。

何やってんだよとばかりに突っかける汐。


嫌がる六、それでも容赦ない汐。


あっ始まった!いつも家でやってんだから
こんなとこで芝だらけになりながらやらんでくれ~という飼い主の
気持ちをよそに激しく格闘を始める六と汐。


押さえつける汐と下から反撃をする六。


しかし六の劣勢。


ここで六がスタンドからの左フックで反撃。


一瞬怯んだ汐も負けてないホッペ噛み付き攻撃で跳ね返す!


そして再び押さえつけてフォールの体勢、六万事休す。


鮮やかに一本を取って笑顔の汐、軽やかに勝ち名乗りを上げます!

な~んて、こんなの毎日やってますからね、黄金カードも
連発したら見飽きるっての。
本人たちにとっては藤波と長州、高田と越中の名勝負数え歌にも
負けてないと思ってるかどうかは知らないけどね。。。
いつも正月休みはノンビリしてるけど。

今年はいつも以上にノンビリだったような
そうでもないような。。。

恒例の伊勢山皇大神宮にお参りには行きました。
境内や表参道は人でごった返してました。

裏から入ったのでそんな感じ無いけど。

成田山横浜分院は混んでたので別の日にする事にして
帰ってきました。


六と汐も日向を求めてマッタリな正月。

今年は穏やかに一年過ごしたいねぇ~。
元旦は毎年、実家でお正月をします。
今年実家は喪中だからおめでとうはないけどね。
実家といっても車で30分弱。

ただいつもとはちょっと違いました。
今まで実家に行く時には六と汐は家で留守番か、
玄関で待たせていたんだけど、このお正月に初めて
家に上げてもらいました。

ワタシの実家にはとてつもなく犬の苦手なMダックスのクーがいます。
六がうちに来た直後に2度ほど上がらせてもらいましたが
予想通り嫌がりました。

六が8ヶ月位実家でマッタリの様子。


その当時のクーさんとの対面、クーが全く目を合わせない。。。
この頃はまだクーは目がバッチリ見えてたからね。


若い時から心肥大の持病を持っていて高齢ということもあり
これ以上動悸が激しくなるのは危険ということもありました。
なので六はそれ以来実家に上げられませんでした。
汐が来た時にはそのルールが出来上がっていたので
当然あげることが出来ませんでした。

去年の夏ごろから六と汐を一緒に連れて実家に行く機会が増え
割と広めの玄関なので柵(元々してあります)をして自由に
させてもらえるようになってましたが、実家のクーはもうスッカリ
目も見えなくなっていて自ら柵越しに様子を伺いにいく様に
なっていたので、回数を重ねこの正月に居間に柵を設けて六と汐も
家に上げられる事になったのです。

柵の中といってもテラスと行き来出来るので十分な広さが
与えられてます。


やっぱり見える所にいると安心だよね。


汐は初めての実家の居間です。
若干キョドってたかな。


クーさんです、もう12歳?13歳?。
自分の居場所を取られてしまったので、普段は入れない和室にも
入れてもらっていました。
六たちの様子が気になるのか何度か見に行ってました(見えないけど)。


今年はブリと牛のしゃぶしゃぶがメインです。


こちらは突き出し。
結構良いまぐろでした、もちろん本マグロ。


今年のお節はグルーポンではなく、中華お節でした。


おつまみは色々ありましたがこれはレンコンの素揚げ。


そして今年はオクサンの故郷の郷土料理「のっぺ」に
初チャレンジして持ち寄りました。
割に好評でした。
うちの実家の食卓に始めて食の文化の融合がされた気がします。
とても良いことです。


クーさんは大好きな義兄の膝の上へ
メインの食事中は上げてもらえないけど、
まったり飲みの時間になるとその辺緩くなるようです。


そんで飲みの時間が深くなってくると構ってもらえなくなるからか
座布団を占拠してふて寝なクーさんです。

夜になりテラスも寒くなって窓も締め切られますが

床暖つけてもらえて幸せに寝てました、六と汐。
いつも我が家ではほぼ暖房ナシだから
床暖が癖にならなきゃ良いけど。。。ケチ臭いワタシ(汗)


クーも熟睡モード。
六と汐も居たし気疲れしたかな。。。
あけましておめでとうございます。



今年の年賀状はギリギリに準備したからかなり適当な感じですが、
まぁとりあえず間に合えば良しという事で。。。

今年は六にも汐にも私たちにも刺激ある一年になりそうだね。
ワタシがアイスを食べてると奴はやってきます。

どちらかといえばミルク系により強く吸い寄せられるようです。


それ欲しいなぁ。。。とオスワリして必死のアピール。

無視してると強硬手段に打って出ます。

ちょっと食わせてくれ~って感じなのかね。

六は家では基本的にずっとマカロン型のボールを
投げてくれ~ってアピールし続けます。

無視しても無視しても、飽きずに懲りずにアピールし続けます。

でもキッチンや棚の下に入り込んでしまった時は

自分では取りに行けないので必死に取ってくれとアピール。

こんな隙間に入ってしまっても。。。

怖くて取れないようです。。。

たかが足裏ツボ踏みなのに。

少しはチャレンジしますが、無理だとわかると

無言のアピールが始まります。

半永久的に。。。

汐も同じようにアピールしますが
アピールの仕方が激しいし落ち着きない、我慢が出来ないって感じです。

同じマカロン型のボーも好きですが、彼の場合は
投げてくれというよりは。。。


もぐもぐ、くちゃくちゃ、抱え込んで噛み続けるのが好きなようです。
この日も朝から散歩に出掛けます。

歩いて

歩いて

歩いて

今日は新港パークで少しディスクをやって。

六は物足りない様子。

汐は満足?かな。

新港パークを後にして山下公園に。

山下公園通りの銀杏はスッカリ色づいて
晩秋って感じ。

それにしても長い夏に短い秋だった気がする。

山下公園のベンチで少し休憩。

六も汐もそれに付き合ってくれました。


そのまま元町のSLOWCAFEでランチ。

六と汐はバギーでマッタリ。

この店のの向かいには友人宅、電話したらひょこっと出てきて
コーヒーを飲んで昼食を食べに自宅に戻っていきました。

帰りは電車で帰りました。
バギーで出掛けると帰る選択肢も広がって良いね。
今日は仕事着を買いにふらっと御殿場アウトレットへ。

行き掛けにお気に入りの足柄サービスエリアに立ち寄って。

今日は割と利用者が多かったので六と汐それぞれ一匹ずつ
ランの中に入れる事にしました。

またまた六の写真がない。。。
という事で汐。


何も無しでランランさせようかと思ったら。
ディスク出してくれアピールをドッグラン全体を
爆走する事でアピールします。

他の犬達が寄ってこようと追いかけられようと
構わず爆走、他の犬を吹っ飛ばす勢いでした。

そんで

ディスク出せ~とアピールした後、また一周爆走。。。(汗)


そんなこんなでちょっとだけだったけど満足できたかな。


足柄SAを軽く引き上げてアウトレットへ。
混雑の中歩くのは面倒だし、いきなり手を出してくる赤の他人も
いるのでカートで移動です。


店には入れないから、いつも店の前で待ちぼうけ。
ホントただ付き合ってもらっている感じで悪いなぁと
思っているけど、六と汐が一緒にいることでダラダラ
と長居することもないし我々にとってはありがたいかな。


暗くなってきてさすが富士の麓、肌寒くなってきました。
六も汐もバギーの中で丸まって眠れるからバギーで移動も悪くない。

なんか行く店も決まっててそこしか行かないから
すばやく買い物済ませて帰ります。


日も暮れて富士山も大きな影になってました
秋も深くなってきた11月の文化の日。

以前から行ってみたかった御岳神社に行ってきました。
ここは東京の奥多摩地方にある御岳山という山の頂上にある神社で
犬の神様らしいのです。

そんな神社だからか、御岳登山鉄道のケーブルカーには
犬用の切符を買えば歩いて乗車出来るのです。


ここが麓側の駅。


六も汐も初めての体験、若干挙動不審です。


来た来た、日の出号です。
スッカリ夕方だったのでこれから乗ろうなんて人はほとんどいません。


とりあえず抱っこして車窓を眺めながら乗る事に。。。
やっぱしキョドってます。


ちょっとだけ外観る余裕も出てきたかな。


御岳山駅を降りると展望台がありました。


とりあえず記念撮影。
落ちたら怖いのですぐ撤収。


暗くなる前にお参りして帰ってこようととりあえず出発。


すっかり紅葉です。

この時間は戻ってくる登山者ばかりでした。

この後結構な数の石段を登って本殿や拝殿のある頂上に向かいます。
なんだか山全体が神社?って感じの不思議な所でした。


大鳥居をくぐり
この随身門を抜けてからさらに石段が。。。

青息吐息になりながら拝殿へ

立派なお犬様が守ってます。

何とか無事にお参りを終えて暗くなる前に御岳山駅に戻ります。


途中、こんなレトロな店があったりして


暗くなった展望台から夜景が。。。これはさいたま方面らしいけど。


多くの登山者達に紛れてケーブルカーを待って
満員の中、何とか座席を確保して駐車場のある滝本駅に向かいました。


やっぱしケーブルカーにはあまり慣れないようでした。

この山は神社も広いし、麓から歩いて登っても来られるし
リフトでさらに上にもいけるみたいだし、今度はゆっくり
朝から来てみたいね。
久しぶりに朝からノンビリ散歩に出ました。


まだ8時半過ぎで人もまばらなので散歩しやすいね。



久々なので

六も

汐もうれしいようです。


赤レンガや


象の鼻を抜けて


山下公園通りへ。
まだ黄葉はまだだね。


そして山下公園内へ。
まだ人も少ないね、ってことでロングリードに付け替えて
少しばかり運動しましょ。
彼らは広場や芝を見るとテンションが上がってしまいます。

コントロールしきれないから一匹ずつにしましょ。

まずは六から。


あまり良い写りがなくて。。。少ない。
でも六はとにかく投げてもらうのが好きでそしてタフで
ちゃんと手に乗せてくれるんです。
一匹ずつだったから変なプレッシャーが無くて楽しかったようです。


続いて汐。。。ディスク狂、そして変なプレッシャー。


キャッチ出来ないと悔しいらしくディスクに当たり散らします。


この日は投げてがあまり上手に出来なくてスマン。


あまりジャンプさせないように低空に投げてるんですけど
たまにジャンプする高さになってしまう事も。。。


大満足のようです。
。。。ってか強制終了しないと倒れてしまうんじゃないかって位
やり続けるのでね。


この日の山下公園はディワリ・イン・ヨコハマという
インドのお祭りが開催されてました。


ってなわけで朝食兼昼食はカレーにナンとシシカバブ


帰りはハマスタの向かいのスタバでお茶しながら
街側から歩いて帰りました。


patagoniaストアの前で最近良く遭遇するアンと


カレンにバッタリ出会いました。
よくキャンプに行ってるみたいなので今度ご一緒したいですね。


天気の良い日にノンビリ街並みを見ながら散歩も良いね、
結局昼過ぎちゃった。


大きなアクビ。
眠いのか、ヒマだなぁってのか、はたまたイヤイヤのシグナルか。
なんにせよ気分転換を独自に図ってるんかな。
朝霧初日、大雨で終わった日。

遅くまで焚き火を囲んで飲んで。。。


若干寝足りない感じの翌朝。


早く起きろよって感じの六です。

汐も陰から様子見です。

そんなキャンプに行くと結構早起きなロクシオコンビですが。


少し寒かったのか、いつもより遅く起きた六は
顔を饅頭のように潰して眠り。


汐も身体を伸ばしうつぶせ状態で寝てました。

テントの中も結構楽しい。
今回の朝霧は久々の試練でした。

感覚的にはどうだろな、設営時の大雨はあんましFUJIでも
記憶に無いかなぁ。。。

今回はNewItemのリアカーが無かったら。。。さらに地獄だったろうな。
そういう意味ではかなり活躍しました、周囲から羨望の眼差しでした。

大雨の中、サイトA(ステージ後方)に前線基地を作り、
サイトBに9張り+αで宿泊&宴会用のスペースを確保して
テント村を作る。

半分はバス組で後から来る為必死で設営しました。

一段落した時には気力も尽き果てかけましたね。

初日は結局夜まで降り続け、武井くん(ストーブ)や
S*Pの焚き火台が活躍しました。



汐もこの雨で不本意ながらイチの雨具の中でじっと我慢してました。

走り回れないから暇な一日だったろうね。

なんせ、ハナレグミが明日天気になれなんて歌った日にゃ、
雨がドヮーって降ってきて、もうなるようになれって感じだったし。

そんでも翌日はやっとこ雨も上がりやした。



皆濡れた雨具やら服やらをとりあえず干してみる。



二日目の朝食はソーセージにホットサンド、そしてコーヒー。

ホットサンドといってもヤマザキのランチパックをトラメジーノで
焼いただけという簡単な物。

六と汐の朝食も準備してます、トリムネをボイルして健康一番に
混ぜるだけだけどね。


待つ男その1


待つ男その2



ホットサンドで好評だったのは意外にもピーナッツでした。



いつも通り一番最後に起きてきたイクタローさんも
荷造りしてそろそろ前線基地に出発する模様。



昨日の土砂降りがウソのよう。
前線基地は今日は快適です。


汐も気持ちええって言ってる気がします。


楽しそうな顔してるしね。


ステージ前に人が集まり始め


2日目のステージが始まります。


WAO!


汐は教えてもいないのに椅子の下でマッタリ。


その後も落ち着いてました。


その頃六はといえば暴れてたような気が。。。


午前中からビールを楽しむコイサンや


シャボン玉作りに没頭するドクトルフミエ。

皆各々テキトーにステージ前に行ったり
違うステージに行ったり、飯食ったり酒飲んだり。


我々家族といえばメインステージのある朝霧アリーナを後にして


片道歩いて3~40分位の国道沿いのコンビニまで散歩に出掛けます。


道端に秋を見つけたりしながら、ノンビリ散歩してきました。


散歩から帰れば六は休憩。


もちろん汐も休憩、少し厚着をしてね。

少し霧が出始める頃


屋台も


カフェも

じんわりと賑わいを見せ始め


我々の中にも食事を買い込んで前線基地に持ち帰り
食事を取るものも出てきて。


少しずつ照明も入り始めた頃。


富士山がやっとその姿を現しました。


夕暮れだったから、沈みかけた夕日に照らされて赤く染まりました。


サイトAにテントを設置した人たちは
オーバーナイト出来ないのですっかりテントを撤収して
帰り支度を済ませながらステージを楽しんでました。

我々はサイトBでオーバーナイトするので前線基地は
ステージが終盤に差し掛かった頃撤収しました。



そしてあたりも真っ暗になった19:00過ぎに朝霧JAM2010が閉幕。

我々も撤収してサイトに戻り焚き火を囲んで
つまみを作りながらマッタリと宴会です。

翌朝全ての荷物をまとめて再びリアカーで駐車場まで運搬。
何往復かしたけど、ホント楽チンだったなぁ。


FUJIROCKの時も毎回そうだけど、帰る日ってホント良く晴れるね。

来年は荷物をもう少しコンパクトにしたいね。
朝霧JAM'10に出発する夜。

一緒の車で行く連中はもう到着し準備万端。

でもこの日はサッカーアルゼンチン戦です。

なので観てから出発する事に。


六も一緒に観戦しますか?



汐も一緒観てるのかい?
。。。そんなこと無さそうね。

周囲の動きを察知して出掛ける気マンマンだったに
出鼻をくじかれ男子。



つまらなさそうなのは二人とも。



ふて寝からの



篭城ですわ。

結局日付が変わってから出発、途中食材を買出しして
現地に着いたのは朝5時半。

先行組が先に着いて並んでいてくれたから助かりました。
。。。でも明け方から結構強い雨、やな予感。
Copyright © 六と汐と新入りのいる平凡な日々の記録。 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]